手術に欠かせない麻酔

手術に欠かせない麻酔は体の痛みなどの感覚をなくすことで、手術などを受けることができるようになります。麻酔は主に医療治療で患者の苦痛を軽減させ、また筋肉などの緊張を抑えるときに使用します。人間以外にも動物に対しても行われます。ただし、麻酔は体質によっては危険な場合があるので、使い方には注意が必要です。また以前は麻酔によって依存症が発生することも多かったのですが、現在ではこのような危険性のある麻酔薬は少なくなってきていますが、それでも使い過ぎるとやはり危険性があります。麻酔医療には苦痛や意識を失わせる目的で麻酔が使用される場合と、術中に生命維持に必要な方法として使用される場合があります。手術中の呼吸管理、循環管理、体液管理、中枢神経管理などを行いますので、麻酔医療には高度な専門的知識と十分な経験が必要となり、医師や歯科医師は別途研修することが要求されています。クリニックなどで「麻酔科」を掲げるには、厚生労働大臣の麻酔科標榜医許可を取らなければなりません。

医療麻酔の麻薬の種類には、局所麻酔として局部に麻酔をかけて抹消神経の活動を抑えるための投与法、遮断部位による表面麻酔、浸潤麻酔、周囲浸潤麻酔、伝達麻酔などがあります。全身麻酔は、静脈注射またはガスの吸入によって中枢神経に作用が働きます。中枢神経系の機能を抑制することや大脳新皮質を解離させて意識を失わせることによって手術が容易になります。また今日では意識を保ったままの麻酔も可能となっています。

Comments 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*